大西和子

2016年私たちは京都造形芸術大学の通信学部で初めて顔を合わせました。待ちに待ったスクーリングで顔を合わせた私達。楽しかった。スクーリングは生き甲斐になっています。
今年はコロナで対面型のスクーリングができないでいます。この状況は感覚を刺激する活動を封じられた、私たち画学生だけでなく、世の中の人々にとってとんでもない損失だと思っています。そんな中、やはりライブ中心でもグループ展が実現できたことは、奇跡ではないかと思います。中心で頑張って頂いた小川さんはじめ、市田さんや長谷川さんなど、メンバーに深い感謝です。

なんのことはない
私は小さな頃から鉄腕アトムや宇宙船、SF、ウルトラマン、ガンダムが大好きな
変な女の子でした。今でもあまり変わっていませんが。孫と一緒に「ウルトラマン」を楽しんでいるばあちゃんです。

こんな仕事もしてきました。

大好きな画家です。ゴッホ展があったら、絶対行きます。本物はビリビリと伝わる彼の波動にいつも痺れます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。