第3回WA展に出展しています。

喜世さんと小川が出展しているグループ展のお知らせです。銀座の画廊ですよ!

10から15号ぐらいの作品をメインに、SMの小作品も展示しています。

第3回WA展 開催要項
1、会期 2020年12月9日(水)~12月14日(月)
2、会場 並樹画廊
     東京都中央区京橋2-7-12 TEL03-3561-2277


(左)かなしい色 (右)珊瑚とか貝とかそうゆうの

オガワミチ

喜世 shadow no.1

“第3回WA展に出展しています。” への8件の返信

  1. S.Sekiguchi さんの発言:

    画面の中に存在するものの真実を写す(野見山暁治による)
    小川さんの作品を見ると
    そう感じます。密度が濃い
    ずっしり来る…

    喜世さんのも色彩の揺らぎが
    きれい。生で作品を見たいなあ~
    コロナが無ければ、とんでいくのに。

    返信
    1. style16@master さんの発言:

      関口さんいつもコメントしてくれてありがとうございます。すっごい褒められてる!うれしいです!!小川

      返信
  2. M.Hasegawa さんの発言:

    小川さんの二作品から、具象、抽象さらには実体とそうで無いものの対比を強く感じさせられ、二つの作品を隔てる空間が、更にそれらの対比を際立たせ、そこにあるものは何だろう。と、あれこれ想像を掻き立たされます。
    喜世さんの作品は、まさに小川さんの二つの作品の間に存在する、そこにあるものは何だろう。を示しているように思います。もしくは、そもそも実体とそうで無いものの対比を否定しているのか・・・。

    世界は、全く謎だらけ。考えすぎると体に毒だから、今日はこの辺にしといて昼ご飯にしよっと♪

    返信
    1. 匿名 さんの発言:

      この作品は実は横向きで展示は直してもらいました。
      題名は「shadow no.1」
      近ごろ影シリーズを描いています。その理由はまたいずれ・・・

      返信
    2. style16@master さんの発言:

      長谷川さんコメントありがとうございます。
      右側のは、目の前に、サンゴやら貝殻やらを置いて描いていたのですが、どう描いても、それらしくならなくって、どうにもならなかった結果、こうなっちゃったんです。
      左の作品は、流した絵具が、布に滲みいる色を追いかけて、見えた形を作品にしたという。
      目の前にあるものを描こうとすると形にならず、形を描こうとしなければ、すんなり形が描けるという、この不思議。
      思い通りにならんとですよ。ちっくしょー。

      返信
  3. M.Matsumoto さんの発言:

    小川さんの絵は、ヨーロッパのにおいがします。
    shadow no1は、影のように、不穏な感じが伝わってきます。
    でも、何故か惹かれます。色彩と筆致かなぁ?
    目の前で観たいです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。