大西和子「輪廻No.1、No.2」

輪廻No.1

輪廻No.1

これは宇宙の星を眺めて閃いた絵。星の輪廻は人間の輪廻と大きくも小さくも深い関わりを持っています。
今年、ウイルスと人間の闘争が繰り広げられています。ゆくゆくは人間が勝つとみんな信じて戦っています。コロナウイルスの形状は太陽のコロナからきていると思うのですが、テレビでコロナの画像を見るたび、戦慄を感じます。

極大として宇宙の誕生、星の一生と極小のウイルスと人間の細胞との戦い、水素原子まで表現したかったのですが、駆け出し画家の稚拙さでこういう表現になりました。まだまだ精進しなくては・・・

輪廻No.2

No.2は平和な惑星(地球ではない)を描こうと思っていました。

宇宙のどこかの平和な惑星

背景

まず、基本となる背景、宇宙空間を描きました。

こんな写真を参考に

風景

この空に地球のような惑星をぼんやり描こうかと・・・

しかしやっているうちに
と思って筆を取りましたが、退屈で・・・

赤・・・

思わず赤い絵の具とその他を数種類出して、筆の動きに任せて色を乗っけました。

宇宙空間と赤の物体

そのうちまた退屈になってしまって、
パレットナイフで、手の動きのままに塗りたくりました。

で、

こんな感じ。
だんだん星雲に見えてきて、星を書き加えましたが、いらんかったかな???

Macや宇宙やロボットが大好きです。
http://gomac60.com
に、私のブログがあります。
訪ねて見てください。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。